気化熱を利用して熱中症対策

今日は午前中に堤ヶ岡の高学年の練習をしました。





しかし暑かった。






暑い日には子どもたちに霧をかけてあげてます。





除草剤用の噴霧機ですけど・・・。(中身は水です)





これで霧を体にかけてあげます。





子どもたちは気持ちよくって遊びながらやってますが、これも熱中症予防。






蒸発するときの気化熱で体が冷やされるんです。






気化熱とは液体の物質が気体になるときに周囲から吸収する熱のことです。






液体が蒸発するためには熱が必要になります。





その熱は液体が接しているものからうばって蒸発します。






というわけでただ水遊びをしているわけではないのです。






ゴラッソサッカースクールのホームページはこちらから

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

南雲孝史

Author:南雲孝史
群馬県出身
ゴラッソHP
http://gola.web.fc2.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
このページのトップへ